悩みタイトル

血流が悪くなった時の症状として、

頭が重い
体がだるい
肩が張る
足が浮腫んで気怠い
疲れが取れない

こうした様々な症状は、血流が悪いことに起因しております。

今回は、血流が悪くなる要因を大まかですがお話をさせて頂きます。

血流が悪くなる原因は、姿勢の悪さや長時間同じ姿勢を続けたりして筋肉が過度に使われて硬直しまい、血管が押しつぶされるような状態になり続けていたりして起きてしまうことが多くあります。

血流改善に対する当院の考え

血液の循環が滞ると、身体にさまざまな悪影響が出ることがあります。
特に足は、心臓から遠い部位に位置しているため、血液の循環が悪くなりやすい部分です。
足がつる、夜中に痛みで目が覚める、足がむくみやすい、常に足が冷たい、足にしびれのような感覚があるなど、これらの症状にお悩みの方は多いのではないでしょうか。
これらの症状は足の血行が悪化している可能性が高いです。

そこで、当院では足の血行を促進するための施術メニュー「血流促進プログラム」を提供しています。
以前は足の血行不良は主に女性や高齢者に見られましたが、近年は運動不足や冷房の普及などの影響で、若い男性にも足の血行不良に関連する症状が増えています。

足の甲の血管がほとんど見えない方や足が痙攣しやすい方など、これらの症状がある方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

血流改善を放っておくとどうなるのか

血液の循環が悪化すると、足のむくみ、重たさ、冷え性などの症状が表れ、それが悪化すると足の筋肉が攣ることもあります。
足が冷たくて眠りにくい、神経痛や痺れも起こり、日常生活や仕事にも支障をきたすことがあります。
さらに、足の血流が悪化すると、全身の循環も悪くなり、全身の重だるさや朝のだるさ、女性の場合は月経不順や不妊症の可能性も考えられます。

血液の循環は心臓から始まり、全身を巡り心臓に戻る循環です。そのため、どこか1箇所でも循環が滞ると、他の場所でも問題が起こりやすくなります。

血流改善の方法

血液の循環を改善するためには、積極的に階段を利用することがおすすめです。階段の上り下りは立派なエクササイズとなります。
特に、階段を上るときは下半身の大きい筋肉から「第二の心臓」とも呼ばれるふくらはぎの筋肉を使うため、脚全体からつま先までの血流改善が期待できます。

入浴も血流改善に効果が期待できます。お湯は熱すぎず、37~40℃程度が適しています。
リラックス効果も期待できるため、10~15分間ゆったりと入浴しましょう。
入浴中は汗をたくさんかきやすいため、水分補給も忘れずにしましょう。

血流改善に効果的な当院の施術メニューは?

当院では、血流改善に効果を期待できる「足の極み」という施術メニューを提供しています。この施術は足の疲労、むくみ、冷え性、そして血行改善などに対して効果が期待でき、足の痩身にも効果があります。

当院では「足の極み」コースとして、松、竹、梅の3つのオプションをご用意しています。

・梅(¥4,400):膝から下の筋肉および筋膜へ
 のアプローチ、足のアーチの補正とドレナージュをしていきます。

・竹(¥5,500):梅コースに加え、酵素オイルを使用したドレナージュが行われます。
 酵素オイルには酸素の即効性、脂肪燃焼効果、疲労回復効果などがあります。

・松(¥6,600):梅コースに加え、ノンFオイルを使用します。ノンFオイルには酵素オ
 イルの効果に加え水分排出を促す効果があり、むくみに対して効果が期待できます。

その施術を受けるとどう楽になるのか

血流が改善すると、身体にとってたくさんのメリットがあります。

たとえば、酸素や栄養を筋肉に効果的に供給するため、筋肉の状態が向上します。これにより、パフォーマンスの向上や老廃物の効率的な排出による疲労軽減が期待されます。

また、血流が良くなることでむくみや冷え性の症状が軽減し、代謝の改善も期待できます。
代謝の改善によって健康維持や体重管理がしやすくなるかもしれません。

血流改善するために必要な施術頻度は?

血流改善については、毎日受けることが理想的です。
血管内の流れを良くするためには長期的な時間が必要となりますが、日々の施術により血管内の循環を向上させ、体内の不純物を排除することができます。

ただし、頻度が少ない場合でも効果がないわけではありません。最低でも週に2回程度の施術を受けることをおすすめします。